新宿 脱毛

新宿でオススメの人気脱毛サロンはココ!

キレイモ
キレイモ新宿

キレイモ 新宿で人気のコース

キレイモ新宿人気プラン

キレイモ 新宿のサロン情報

新宿本店 東京都新宿区西新宿1-19-8 新東京ビルディング5F
新宿南口店 東京都新宿区新宿3-35-3 新宿君嶋ビル 7F

※キレイモは新宿に2店舗。ただでさえ予約の取りやすいキレイモなのに2店舗もあると予約が取れない!なんて心配もないですね。




ミュゼプラチナム
ミュゼ新宿

ミュゼ 新宿で人気のコース

ミュゼ新宿脱毛プラン

ミュゼのサロン情報

新宿東口アネックス店 東京都新宿区新宿3丁目19 シティバンク新宿ビルディング5F
新宿東口店 東京都新宿区新宿3丁目25-10 當山ビル3F
グラン新宿西口店 東京都新宿区西新宿1丁目5-11 新宿三葉(ミツバ)ビル4F
新宿西口店 東京都新宿区西新宿1丁目4-10 満来ビル2F
新宿南口店 東京都新宿区西新宿1丁目1-7 MSビル9F
新宿三丁目店 東京都新宿区新宿3丁目5-3 高山ランド会館7F



C3(シースリー)
シースリー新宿

シースリー 新宿で人気のコース

シースリー新宿脱毛プラン

シースリー 新宿のサロン情報

新宿東口店 東京都新宿区新宿3-11-9 花菱ビル10F
新宿西口店 JR新宿駅徒歩5分立地に2015年初冬に「リニューアルオープン」の予定



ジェイエステティック
ジェイエステ新宿

ジェイエステ 新宿で人気のコース

ジェイエステ新宿脱毛プラン

ジェイエステ 新宿のサロン情報

高田馬場店 東京都新宿区高田馬場4-9-14 ふみビル 5F



脱毛ラボ
脱毛ラボ新宿

脱毛ラボ 新宿で人気のコース

脱毛ラボ新宿脱毛プラン

脱毛ラボ 新宿のサロン情報

新宿店 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-19-5 新宿幸容ビル8F

新宿で脱毛 失敗しない脱毛サロン選び方のコツとは?

新宿で脱毛サロンを選ぶコツ

3つ条件に当てはまる柏でオススメの脱毛サロン

ちょっと一息 脱毛もの知り講座

脱毛の方法で一番良いのはどれ?

脱毛と一言で言っても様々な方法があるのは既に知っているかと思いますが、ではどの脱毛方法が一番?と聞かれると「光脱毛が一番じゃないの?あ、でも毛抜きで抜くのもいいかも…」と答えに詰まってしまう人が多いのが多いようです。
確かに毛抜きで抜くとその場でムダ毛が無くなるから効果的に思えますが、背中やお尻のムダ毛には対処できなかったり、光脱毛は日焼けをしていたら断られたり、とそれぞれメリットやデメリットがあります。
まずは、どの脱毛方法にどんな利点や欠点があるのかをしっかりと把握しておく事が大切です。

 

光脱毛(脱毛サロン) ≪一番オススメ!!≫

当サイトでも紹介している脱毛サロンなどでお馴染みの脱毛方法がこの光脱毛。
メリットとしてはとにかく肌に優しい脱毛が可能であるという事!そして比較的安めの料金で受ける事ができるという事です。
あとは、自分の手の届かない部分でもシッカリと処理ができるという事もメリットの一つと言っていいでしょう。
即効性があまり無い、というデメリットがありますが長く続ける事で徐々に効果が出るので、ある程度忍耐力がある人ならあまりデメリットとは感じないと思います。

 

光脱毛(家庭用脱毛器)

基本的には脱毛サロンの脱毛方法と同じと思って間違いはないですが、自分で処理する事になるので背中やお尻など見る事ができない部分の処理はかなり苦労するでしょう。
また、光の強度調節も自分でする事になるので間違って高レベルの照射をしてしまうと、酷い火傷を負ってしまう危険性もあります。
一度本体を購入するだけでOKだから費用的にはかなり楽!と思われがちですが、本体だけでなく照射用のカートリッジ(3〜5千円くらい)も都度購入しないといけないので、そこまで経済的だ!とは言い切れません。

 

レーザー脱毛(クリニックや美容整形)

光脱毛よりも高い脱毛効果があるのがこの医療レーザー脱毛で、光脱毛の1.5倍程度の脱毛効果を期待しても良いでしょう。
ただ、効果が高い(早く効果が出やすい)という事は光線の威力も強く、その分お肌に与える影響も高くなるので、火傷で肌がただれてしまう事も多々あります。
敏感肌や乾燥肌の人にはあまりオススメできない脱毛方法の一つだと言えますね。

 

電気脱毛(ニードル脱毛)

別名、針脱毛とも言われる脱毛方法で、その名のとおり処理したいムダ毛部分に細い針をブスっと刺し、電気を流して毛根を直接熱で壊すといった方法です。
聞いているだけでも痛々しいですが、実際に施術を受けた人の口コミなどをチェックしていると、途中でギブアップをしてしまう程痛いといった感想が多いですね。
肌に針を刺すわけですから、痛みだけではなく肌荒れ起こす可能性もかなり高くなってしまいます。
また、一本一本処理するため時間がかかり、それに伴い費用も跳ね上がるのも欠点ですね。
ただ、脱毛効果に関しては現存の脱毛方法の中では一番高いので、どうしても光脱毛で効果がでない部分のみをピンポイントで脱毛したい時には使える脱毛方法です。

 

毛抜き(ピンセット)

誰もが一度は試した事があるのが、この毛抜きを使っての脱毛ですよね。
やはり一番手軽でいつでもできる!というのが最大のメリットだと思います。
引っ張って抜くという最も原始的な方法なので、脱毛効果に関しては高いと言っていいでしょう。
ただ、人によっては抜く時に痛みを感じたり、毛穴が広がって黒いプツプツになる事もあるので注意しないといけませんね。
そしてこの脱毛方法で最も恐ろしいのが、埋没毛のリスクが高いという点です。
ムダ毛を挟んで引っ張り抜く時に途中でちぎれてしまい、毛先が表皮に埋もれるといった現象が起きる事があります。
そのままムダ毛が成長して表皮を突き破ってくれれば問題ないのですが、皮膚内部で成長を続けて皮膚が黒っぽくなってしまい、とてもじゃないけど他人様には見せられないお肌になってしまいます。
ムダ毛を処理してキレイにしたいのに、黒い線のような跡が残るなんて本末転倒もいいところですよね…。
もし、ピンセットなどでムダ毛処理をするのなら「抜くなら確実に!」を頭の中に入れながら実行して下さい。

 

カミソリ(シェーバー)

この方法も毛抜きと同じくらいメジャーなムダ毛処理方法ですね。
処理をしても2、3日したらすぐに伸びてくるので、脱毛というよりも単なる一時的な処理方法というのがベストでしょう。
刃を肌に当てるので当然ながら皮膚にダメージがかかるだけでなく、そのダメージを繰り返し与える事で、皮膚の防衛本能が働き硬化してしまいます。
最初は赤っぽくて荒れているだけなのかな?と思われがちですが、徐々に茶色くなり、最終的には黒っぽく変色(色素沈着)していきます。
手軽にできるという利点はあるものの、お肌の事を考えるとあまり推奨はできないムダ毛処理方法ですね。

 

脱毛クリーム(リムーバー)

ドラッグストアやネットショップなどで大々的に販売されている脱毛クリーム。
クリームに含まれている特殊な成分がムダ毛を溶かす!といったメカニズムを採用して一時期は爆発的なブームになった事もあります。
私も以前ネットショップの店長をしていた頃に、脱毛クリームを取り扱っていましたがクレームが結構多く内容も深刻なものが多かったのを覚えています。
例えば、「塗った翌日に皮膚が真っ赤に腫れて外出できなかった!」や「独特の臭いがキツすぎて毎日気分が悪い!なんとかしろ!」など、酷い人では通院をするレベルまで肌荒れしてしまった、という事もありました。
肌に合う合わないがかなり顕著に出てしまう脱毛方法ですね。

 

脱毛テープ

かなり粘着度の高いテープをムダ毛部分に貼りつけて、少し時間を置いた後に豪快に引っぺがす!といったまるでコントのワンシーンのような脱毛方法。
爽快感が味わえるので、普段ストレスが溜まっている女子には良いかもしれませんが、剥がした時の痛みでさらにストレスが溜まるといった逆効果も…。
テープを剥がす時に、肌に必要な皮脂もごっそり取ってしまい乾燥肌になる危険性があります。
それだけでなく、途中でちぎれると埋没毛に、肌の弱い人は肌荒れを起こす、など危険要素が高いのであまりオススメはできません。

 

各脱毛方法のメリットとデメリット まとめ
脱毛方法 メリット デメリット
光脱毛
(脱毛サロン)
肌に優しい
手頃な料金
効果は緩やか
光脱毛
(家庭用脱毛器)
家でできる手軽さ 火傷の危険性
カートリッジ代がかかる
レーザー脱毛
(クリニックや美容整形)
効果が高め 火傷・肌荒れに注意
費用が高い
施術場所が少ない
電気脱毛
(ニードル脱毛)
効果が一番高い 痛みがかなり強い
費用がバカ高い
肌荒れ注意
毛抜き
(ピンセット)
手軽さ抜群
効果が高い
埋没毛の危険性
時間がかかる
痛みが強い
カミソリ
(シェーバー)
手軽にできる 肌を傷つけやすい
すぐに元に戻る
脱毛クリーム
(リムーバー)
塗るだけだから手軽 肌荒れを起こす
臭い
脱毛テープ 貼って剥がすだけ 肌荒れしやすい
剥がす時痛い
乾燥肌になる

やはりトータルで見るとデメリットが少なく、そんなに深刻な問題になりそうにない光脱毛サロンでのムダ毛処理が一番安心できそうですね♪
脱毛サロンの中には、施術時にスリム成分が配合されたジェルを使う事で、回数を重ねる毎にスリムな体に近づける!という工夫をしているところもあります。
脱毛サロンは競争が激しい業界なので、突発的なキャンペーンなどの情報を逃さないためにも常にアンテナは張っておきたいところですね。